支援会員対象公演/8月1日予約受付開始

(一社)おきなわ芸術文化の箱

『9人の迷える沖縄人(うちなーんちゅ)

           ~ 50 years since then ~


1972年、沖縄人(うちなーんちゅ)は何を思い、何を願ったかー

 

実力派俳優たちが織り成す会話劇があぶりだす沖縄人(うちなーんちゅ)の迷いと葛藤、そして希望。


 1972年の沖縄本土復帰当時、沖縄に住む人たちが何を考え、どう捉えていたのか、本土復帰が沖縄に何をもたらしたのか、多様で複雑な立場や心情を、戦後70年を迎えた沖縄の劇作家、演出家、出演者により浮き彫りにする。


作:安和学治・国吉誠一郎

演出:当山彰一

 

出演:

仲嶺雄作

國仲正也

犬養憲子(演劇きかく「満福中枢」)

島袋寛之(TEAM SPOT JUMBLE)

当山彰一(劇艶おとな団)

宇座仁一

上門みき

伊禮門綾

与那嶺圭一(TEAM SPOT JUMBLE)


【あらすじ

1972年 沖縄の本土復帰を目前に、有識者から主婦、戦争を体験した老婆、沖縄へ移住した本土人などがひとつの部屋に集められた。

 

「でも貴方、日本がもし、もし万が一、攻めこまれた場合、戦争はしませんって言っていられると思いますか?」

 

「本土化するってのはどういうことなんだ!」

「私も胸を張って基地はいらないと言いたいです」

 

「のんびりすることが美徳なら、基地も受け入れてのんびりやったらどうですか?」

 

 

語られるそれぞれの沖縄に対する想い、日本への想い、そして戦争、恒久平和への想い、いろいろな想いが交差して、渦の中に引きずり込まれていく。

 



 日時:

 

2020年9月4日(金)20時

       9月5日(土)19時

           9月6日(日)13時

           9月6日(日)18時     開場は各回30分前 

料金: 

おとな(一般)/3,000円 U-22/1,000円

全席自由席

 

※U-22チケットご利用の方は当日受付にて年齢を証明できる免許証、学生証等をご提示ください。

※感染症予防の為、当日券の販売はいたしません。また、予約日以外のご入場はお断りする場合があります。

チケット予約・問合せ: ※8月1予約受付開始※

◆電話 070-5503-5874(トリイ)

◆WEB:専用予約フォーム


※新型コロナウィルス感染拡大防止の為、ご来場の皆さまにご協力をお願いしております。ご理解の上、ご協力お願いします。

 

●ご来場、観劇の際にはマスク着用をお願いします。

●入場に際して備え付けの消毒液にて手指の消毒と体温の測定をさせていただきます。

●37.5℃以上の方、風邪症状のある方は入場をお断りさせていただきます。予めご了承ください。

●チケット代金は当日受付でお支払いください。その際、釣銭のないように準備をお願いします。

●感染拡大状況により公演が中止、変更となる場合には銘苅ベースのHP、FBにてご案内いたします。ご確認の上、ご来場ください。